栄町タコスがOPEN!沖縄タコスの生地を県内・県外唯一販売致しております。業務用卸販売では移動販売から店舗まで話題性のある他ではまねの出来ない沖縄タコスを新メニューに!
沖縄タコスと本土やアメリカのタコスの違いから作り方の違いを説明致しております。

沖縄タコスで起業!
移動販売車総合ナビPAWMO

沖縄Tシャツ横丁BlueCoco

ホーム沖縄タコスの違いとは

           

            

           沖縄タコス生地の作り方と他のタコスの違い

           沖縄のタコス生地はアメリカやメキシコ・日本国内各専門店の作り方とは

           違いとても手間がかかっています。沖縄では元々気候のせいもあり揚げ物

           が多いと言われています、てんぷらも本土の天ぷらと違い3時のおやつと

           して昔からてんぷらの持ち帰り店が多いほどです。その文化の影響もある

           とも言われていますが基本的に揚げてサクッとした食感にスパイスの効

           いたジューシーなタコミートとのバランスは沖縄の人ごのみ!初めての方が

           誰が食べてもおいしい!と思って頂ける昔ながらの沖縄ファストフードです。

           


                    イエローコーンで作る硬いバリバリ割れるタコスとホワイトコーンに配合を

           加えたトルティーヤが一般的なタコスですがどちらも大量生産が可能で、

           業務スーパーや大手スーパーでも冷凍や常温で安く購入する事が出来ま

           す。沖縄のタコス生地は全て各人気店さんの完全手作りで作るのに手間や

           練習が必要!更に極秘の配合は各店時間を掛けて作りだしたものです。

           その為、本当のレシピは公開されることのない秘伝となっています。

           ホワイトコーンのトルティーヤの作り方と比べてみると。

           手作りの場合、市販でも配合された粉があり水を混ぜて捏ねる→少々寝かせて

           →機械で型を着ける(手で圧す場合も)→焼き目をつけて出来上がり。

           殆どの場合、業務用のインスタントを使用している場合が多くその場合、温める

           だけでソフトタコスは出す事が出来ます。

           沖縄タコス生地は粉から振るいを掛けて配合→水分を入れて混ぜる→冷蔵庫

           で寝かせる→更に混ぜ合わせ→焼き目を着ける(機械や道具を使わず手作業な

           ので綺麗に同じ大きさにするのは熟練の技、焼き目の大きさや水分量で食感が

           変わるのでこれも毎日の経験)→冷蔵庫で1日寝かせる→

           それから出す前に揚げる。(上げるのにも揚げ方や油の温度でおしいさが変わる)

           作るのに30枚~2時間ほど、更に1日寝かせるこれだけ掛けて最低時給にも

           ならないかも知れません。だからこそ愛情を込めた専門店の店主さん手作り以

           外無い訳です。そんな手間をかけた生地を提供する理由はタコライスよりも歴史

           が古く愛されてきた沖縄のファストフード、沖縄タコスが各地で食べられるように

           したいからです。

           県内にもタコライスを出すお店は増えているもののタコスは業務用のトルティーヤ

           タコスと言う作れないお店も多く、沖縄では手間をかけて手作りした沖縄タコスの

           おいしいお店がタコライスもおいしいと言うのが当たり前です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            Copyright (C) 2014 沖縄タコス okinawa tacos club. All Rights Reserved.


 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス